「プロガイドの新提案 バテない登山技術」2022年3月2日 山と溪谷社より発売

野中が講習会やガイド時にお伝えしてきた、山でバテない、疲れを溜めないための極意を一冊にまとめました。

  • 楽に歩ける呼吸のしかた
  • 筋肉の負担を減らす歩き方
  • 安定して下山するための秘訣
  • 足の痛みを防ぐ靴の履き方
  • 効果的なエネルギーと水分補給
  • 疲労を軽減するウェア選び
  • 山小屋で快眠するコツ、などなど

登山初心者の方にオススメできる内容であるのはもちろん、今回は「新しいカタチの入門書」を目標にし、従来の登山技術書にはなかった新しい視点での解説を試みています。

登山歴が長い方や、指導者の方にも参考になる内容となっています。

ぜひ、書店や登山用品店、インターネットでお買い求めください。


★10月から「バテない登山技術」の内容を動画つきで解説する連載をヤマケイオンラインに掲載します
連載の情報は随時こちらに掲載予定です

「バテない登山技術」・読者アンケート

ぜひこちらのアンケートのご協力ください。次作以降の執筆の参考にさせて頂きます

↑アンケートフォームはこちらをクリック↑

野中 径隆のプロフィール

淑徳大学在学中に夏の集中授業で参加した「山岳活動」で南アルプスの甲斐駒ヶ岳・黒戸尾根ルートにテント泊登山をしたことがきっかけで山の魅力にハマる。
授業を担当していたガイドの戸高雅史に学びながら、単独登山を続け、30歳の時にNature Guide LISを立ち上げガイド活動を本格的に開始。
41歳で初の著作「山の快適歩行術」を山と溪谷社より出版。

好きな山域は北アルプスの黒部源流域
最近ハマっているのは大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の影響で鎌倉・三浦エリアの古道や史跡をつないで歩く低山歩き