Pocket
LINEで送る

GWの山の事故、死者18人 「3000メートル級、冬山の様相も」

(産経新聞)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-00000094-san-soci

 

報道によると、今回の連休中の山の事故による死者は18人とのこと。

確かに、今年の連休中は事故が多かった印象があります。

(印象は報道の影響を受けますので、実際に数値として多かったかどうかはここでは触れません)

 

今年の連休は天候が大きく荒れなかったため、連休を通して入山者が多かった分、事故も増えてしまったのではないかと推測します。

事故が多かったことを受けて、装備の不備や認識の甘さを指摘する報道もあります。

ただ、どの事故もそれぞれ別の要因があって事故が発生しているので、全て一括りで語ることには無理があると正直思います。

 

このような事故の報に触れる度に、一登山者として感じるのは、「いつ自分がその立場になってもおかしくない」ということです。

 

落石は、どんなに登山技術を磨いた人でも、初心者でも、関係なく襲ってきます。

確かに、雪崩や落石は知識があれば、リスクを避けることは出来ますが、完全ではありません。

 

人間ですから必ずミスをします。

山、特に雪山はそのミスが命取りになる、そういうフィールドです。

遭難しない人なんて、存在しません。

 

「自分は大丈夫」と、リスクに目をつむりながら登山を続ける方が実は楽なことなのかもしれません。

しかし、見ないふりをしてもリスクは消えません。

どのようなスタイルの登山をするにしても、それは「自然」という不便なフィールドへ出向く行為に変わらないのですから。

 

だからこそ、遭難事故の報に触れると、そこから私は何を学べるのだろうかと考えています。

「もし自分が遭難者だったら」、「もし自分が救助者だったら」

そうすることで、事故のニュースから学べることが増えてくると感じています。

Pocket
LINEで送る