「湘南・三浦・葉山近郊」の記事一覧

ツワブキの季節

山のレポート 湘南・三浦・葉山近郊

三浦アルプス南尾根の山道にて(2018年10月25日) 花の少なくなったこの季節、山道に突然現れたその花は、たっぷりと西日を受けて輝いていました。 もう、そんな季節なんですね。 ツワブキと言えば・・・「銀河系の断片」という山尾三省さんの詩があります。「ツワブキの 黄の花のうちにこそ 銀河系は宿り」続きは、是非、直接本を手にとって読んで欲しいなと思います。

三浦半島西海岸はダイヤモンド富士シーズン

ダイヤモンド富士 湘南・三浦・葉山近郊

私が住む三浦半島西海岸の地域は、この時期ダイヤモンド富士のシーズンを迎えています。 3月末は江の島あたりで見れるのですが、4月に入って鎌倉、逗子、葉山、そして横須賀へと観賞できるポイントが少しずつ南下してきます。 そのため、この地域で生活しているとダイヤモンド富士を見れる機会が多いです。 ただ、やはり天気が良くなくては見れませんし、天気が良くても富士山やその手前の箱根の山に雲がかかっていると見ることが出来ません。   なので、この時期は天気予報を・・・

三浦半島ハイキングからのダイヤモンド富士

湘南・三浦・葉山近郊

4月1日、いつもガイドツアーにご参加頂いているお二人の女性からプライベートガイドのご依頼がありました。 週間天気予報を見て、一番天気が良さそうな翌週の4月6日に実施するのをご提案しました。   当初は三浦アルプスの縦走をするコースをご依頼頂いていましたが、ちょうど桜の時期でもあったので、こちらで別コースをご提案させてもらいました。   ということで、4月6日当日は、JR衣笠駅に集合して、まずは桜の名所で知られる衣笠山公園へ向かいます。 ・・・

野外保育のお手伝い

子連れ登山・自然育児 湘南・三浦・葉山 湘南・三浦・葉山近郊

 毎週、近所の自然育児を行っている保育園で、野外保育のお手伝いをしています。  このところ、遭難関連の記事ばかり書いていたので、今日は子どもたちとの山散歩のお話です。 どちらも、保育園のすぐ近くの裏山へ入った時の写真です。 葉山は「海」のイメージが強い土地だとは思いますが、子どもたちがお散歩するにはちょうど良い、裏山がすぐ近くにあります。 5月は雪の富士山に入ることが多かったわけですが、雪山から帰宅してすぐ翌日に散歩する葉山の山もとても楽しいのです。 たま・・・

ダイヤモンド富士~逗子海岸から

湘南・三浦・葉山近郊

4月上旬、湘南エリアの海岸からダイヤモンド富士を見ることが出来る季節がやってきました。 今日は特に、春の嵐が去ったばかりで空の透明度が高いので、奇麗に見えるはず。 今日は鎌倉の材木座付近が正確に見えるポイントでしたが、夕方時間が出来て、 臨月の妻と出かけるのには逗子海岸がちょうど良かったので、逗子海岸へ。 束の間の時間でしたが、富士山の美しいシルエットに、太陽が力強く沈んでいく光景を眺めることが出来ました。 これから週末にかけて、地元葉山でも見ることが出来・・・

卒園おめでとう!

ツアー・講習会について 湘南・三浦・葉山近郊

  土曜日は葉山おひさま保育室の卒園式でした。 実は昨夏からここで、子ども達の園外活動のお手伝いをしています。 予定があって卒園式には参加できなかったので、木曜日の朝に時間を作り、卒園する「たいよう組」の八人に挨拶をしてきました。 一緒に大楠山に登ったり、野毛山動物園に行ったり、楽しかった思い出ばかり。                     &n・・・

今年の富士山初登頂。

富士登山(無積雪期) 富士登山プライベートガイドツアー 湘南・三浦・葉山 湘南・三浦・葉山近郊

7月10~11日、プライベートガイドで富士山に登ってきました。 そのレポートは明日UPしようと思っていますが、とにかく梅雨明けした直後だったので、天候に最高に恵まれた2日間でした。 参加者の方と一緒に無事に下山でき、僕自身も今年富士山の初登頂、最高な形で迎えることが出来た2日間でした。 6月に浅間大社で結婚式を挙げたのですが、この時も梅雨の合間で奇跡的に晴れて富士山が顔を見せてくれました。 なので、なんとなく「ついてる」気になっていたのですが、今夏の富士山・・・

大楠山トレッキング・前田橋(横須賀)~大楠山登山口(葉山)レポート

湘南・三浦・葉山 湘南・三浦・葉山近郊

5月14日(土) 快晴のもと、大楠山トレッキングを開催しました! 写真を交えてレポートします。 朝9:30、京急バス前田橋バス停に集合し、 まずは5名の参加者の皆さんと自己紹介、準備運動。 そして、靴ヒモの閉め具合についての説明をしてからスタートしました。 前田川沿いに設けられた遊歩道を歩いて行きます。 こんな感じで緑に覆われているので、適度に日陰があり、 水の流れもあってなんとも心地よいコースなんです。 途中、川のせせらぎの音を楽しむ工夫をお伝えして、 ・・・

ページの先頭へ